2019.12.11

<年末年始の休診日>

12月29日~1月3日は休診です。

2019.12.11
<癒し> 人見知りだから、うまくいった

 もしも自分に誰とでも親しくなれる才能があったなら、何も努力しなかっただろう。うまくできないと思うから、一生懸命努力して、舞妓として成功した。

引用図書;岩崎峰子:祇園の教訓:幻冬舎,2003.

2019.12.09
<心理学> うつ

 (前略)しかし現代では、社会の枠組が大きく変わってしまいました。非常に不安定で、成果主義的で、人をじっくりと育てたりサポートしたりすることなどできない、自己中心的な社会になっています。だから、どんなに律儀で几帳面で真面目であっても、それは評価されません。律儀でなくても成果を上げてくれればいいというような風潮となり、あるいは次々に転職をくり返していくような人たちが増え、たとえその場しのぎであっても、自己主張やパフォーマンスが目立てばもてはやされるような社会になっています。
 つまり、律儀なうつ病予備軍の人たちを守るようなきっちりとした構造がない社会なので、彼らの人格の鎧が機能しなくなってしまい、傷つきやすいナイーブな部分や攻撃的な部分が露呈しやすくなり、なかなか中に収めることができない時代になっているのではないかと理解しています。
 その意味では、うつ病の患者さんに対して、傷つきやすい自己愛を理解し、健康な攻撃性や穏当な自己主張を取り戻していく援助をするような心理(精神)療法が、薬物療法だけではなく、治療として非常に重要になってくると思います。
 これまで述べてきた精神分析(的精神)療法は、うつ病の治療として用いられていますが、単にうつ病の症状をよくするだけではなく、その人のパーソナリティを変化させ、新しい人生を切り開く契機を創造することがあります。この治療では、患者さんがそれまで意識してこなかった悲しみや不安、葛藤などの理解を治療者と共有し、見つめ直すことによって、「うつ」という悪循環に入らないですむようになります。それに加えて、新たな視点から自身の感情体験を見直すことによって、新たな対人関係のとり方や行動パターンを選択することさえ可能になるので、治療以上の意味をもっているかもしれません。その意味では、再発予防にもつながります。(平島奈津子)

引用図書;四天王寺カウンセリング講座10:創元社,2011.

2019.12.06
<癒し> いい愚痴

「もっと割り切れたいい愚痴を吐く人間になりたい」 越路吹雪『夢の中に君がいる』

 「いい愚痴」という言葉がとても新鮮ですね。
 人の愚痴を聞くのは、あまり気持ちのいいものではないはずですが、考えてみれば、詩や和歌などの中には、愚痴っぽいものもたくさんあります。不思議なことに、それらを聞くと、元気が湧いてくることさえあるのです。
 愚痴に限らず、自分の不快な気持ちを、相手に、不快感を与えずに伝えることほど、難しいことはないと思います。
 他の国では、ユーモアや笑いを上手に利用しているように思えるのですが、日本人は、どうも苦手なようです。心の中におさえ込んでしまうか、感情的になってしまうか…。どちらも解決にはなりませんし、かえって悪い状態になりかねません。
 「もっと割り切れた」という言葉には、自分を客観的に見つめる、もうひとりの自分になるということが含まれているのでしょう。
 越路吹雪は、”心にウタをもった人間は仕合せだ”とも言っています。
 ウタの中には、さまざまな世界があります。夢や希望だけでなく、不平不満や恨みつらみだって、私たちは、生きる力に変えていくことができるのですね。
 彼女の歌を聴いていると、かっこいい愚痴や、気持ちいい愚痴、あたたかい愚痴というのもあるのかなと思えてきます。

引用図書;山下景子:しあわせの言の葉:宝島社,2007.

2019.12.04
<心理学> 自立

 欧米では、自立しているからこそ、家族がよく付き合います。
 自立している人は、平気でつきあえる。本当に自立しているから、いくらおやじと付き合っても、こわいことはない。
 欧米では、個人個人になって離れているから、付き合わないと関係ができているかできていないか不安になるんじゃないですか。
 日本では、いちいち電話をかけたり、話をしたり、手紙なんかを書かなくてもつながっているともいえる。

引用図書;河合隼雄:カウンセリングを考える(上):創元社,1995.

2019.12.02
<癒し> キリンの首

 木の上になってる実を食べるだけならキリンの首があそこまで長くある必要はないんです。では、なぜあれだけ長くなったのか? まわりの人に譲ろうという、キリンの優しさです。「優」しいから、相手に「先」に譲るんです。それが「優先」。
 そして、最後は「優」しい人が「勝」つ。それがほんとの「優勝」。
 スプーンを曲げる。予言する。どんな超能力よりも、人に優しくできることの方がすごい能力です。

 キリン。それは優しさの象徴。
 キリン。それは限界へのチャレンジ。
 優しさのためなら、伸ばすよ、首だって。
 やってやれないことはないんだよ。
 それがキリンから僕らへのメッセージです。

引用図書;ひすいこたろう:朝にキク言葉:サンマーク出版,2011.

2019.11.29
<心理学> 不安

 「不安は期待と明瞭な関係を持ち、期待は何ものかに対する不安である」 ジグムント・フロイト

引用図書;平島奈津子:不安のありか:日本評論社,2019.

2019.11.27
<心理学> 自己卑下

 自分の欠点が気になってしかたない人は、自分のことばかり考えている。

<改善策>
 自分を下げずに相手を上げる。
 「駄目な自分」 ⇒ 「ステキなあなた」
 「私、面白くないでしょう」 ⇒ 「あなた、面白い人ねえ」
 「私、気がきかないでしょう」 ⇒ 「あなた、すごく気がきくわねえ」

引用図書;宝彩有菜:まあいいか:廣済堂,2006.

2019.11.25
<癒し> 自然のくつろぎ

 しばし川のほとりに腰を下ろし、水の流れるのを眺め、その音を聴いていた。あらためて考えると、ものすごく当たり前なのだが、清らかな水の流れを見ていると、自分も清らかになってゆく気がする。滞りとか澱みとかは、全部自分が作り出している「思い」であって、本来は、すべてがそのように清らかに流れているのだということを、思い出すことができるのだ。
 自然の中では、人は、「私が」と言う必要がない。それが、人が自然にくつろぎを覚える理由だろう。人にとって、何が負担といって、「私が」というこの思いほど、負担で苦痛なものはないからである。

引用図書;池田晶子:考える日々:毎日新聞社,1998.

2019.11.22
<ユーモア> 念ずれば花開く

①20階建てマンションの3階に住んでいるが、「もっと高い部屋に住みたい…」と念じ続けて20年。

 ある日、なんと、家賃が高くなった。

②仕事もせずに、「鳥のようになりたい…」と念じ続けて20年

 ある日、なんと、主食がコメから「ヒエ」や「アワ」に変わった。

③結婚後、一度も外食をしたことがないので、「外で食事をしてみたい…」と念じ続けて20年、

 ある日、帰宅してみたら、なんと、庭にサンドイッチが置かれてあった。

④アル中の妻に、「家事をしながら酒を飲むのはやめてくれ…」と念じ続けて20年、

 ある日、なんと、妻は一切の家事をやめた

⑤「死刑を免れたい…」と念じ続けて20年。

 死刑執行前日、なんと、病気で急死した。

引用図書;
昇幹夫:笑って長生き:大月出版,2006.
中村明:笑いの日本語事典:筑摩書房,2008.
天馬龍行:編著ジョーク世界一2続:アカデミー出版,2009.
中野雄一郎/岸義紘:必笑ジョーク202:,いのちのことば社2010.

< 前の10件を表示