2020.12.28
<癒し> 感情と上手につき合おう

 「ムカつく」「キレる」というふうに、自分の感情をコントロールできない人が多い。「ムカつく」という言葉が流行りだしたのは、1980年頃からのことである。それ以降、若い人のネガティブな感情表現は、すべて「ムカつく」の一語になってしまった。
 これは言語表現の貧困化を示している。一口に怒りと言っても、「怒る」「憤る」「頭にくる」「腹が立つ」など、実に多彩であり、それらは微妙に違っているのである。自分がどういう気持ちでいるのかを自分で把握することは、感情とつき合う基本であり、それができないでいると、すぐ「キレる」人になってしまうというわけだ。
 幼い子が泣きわめくのは、つまりキレているのは、言葉を操れないからである。しかし、そんな子どもでも、「バカ」という言葉を覚え、それを使うことによって、相手をぶったりしないで済むようになるわけである。
 自分の感情、とりわけネガティブな感情をどのように扱うかは、メンタルヘルス上、とても重要なことなのである。
 そこで、「感情日記」というものをつける方法もある。怒ってばかりの人なら、いつ怒ったのか、どんな状況で怒ったのか、その怒りはどのように収まったのかなどを毎日、日記につけるのである。すると、自分のパターンが見えてくる。
 感情日記をつけていたあるクライエントはこう言った。
 「私が怒るときっていうのは、人から拒否されたと感じたときだと思います。私は、人が自分から離れていくのが淋しいんです」
 「なるほど、あなたの怒りの底にはそういう淋しさがあるんだね」
 「ええ、でも、最近少しは人とうまくつき合えるようになりました。ときどきムカっときたりもするんですけど、ああ、私はこの人から見放されるのが怖いんだ、ほんとは仲よくなりたいんだと考えるようになったんです」
 感情は複雑である。私たちの心の中では、いろいろな思いが錯綜している。その複雑さとうまくつき合っていくことは、また楽しいことでもあるのだ。

引用図書;菅野泰蔵:こころがホッとする考え方:すばる舎,2000.

2020.12.26
<名言> 人生は振り返らなければ理解できないが、前を向かなければ進まない

 「人生は振り返らなければ理解できないが、前を向かなければ進まない」 セーレン・キルケゴール(デンマークの哲学者)

引用図書;こころの疲れに効く名言集:笠倉出版社,2019.

2020.12.23
<癒し> 悩み

 「会議でぼくが話し出すと、必ずあくびをする同僚がいます」

<答え>
「心配するのは、まだ早い。
 その場の全員があくびをしたら心配しよう。
 その場の全員が寝ちゃったら、あなたにはまったく別の才能があると思う」 春風亭一之輔(落語家)

引用図書;奥野 武雄:33の悩みと答えの深い森。:青幻舎,2020.

2020.12.21
<名言> 明日死ぬかのように生きよ

 「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ」

        マハトマ・ガンジー(印の政治指導者)

引用図書;こころの疲れに効く名言集:笠倉出版社,2019.

<同意の言葉>
 明日の心配は明日がする
 立ち止まる現在は循環する永遠
 今日できることは明日するな。明日できることは今日するな
 人生の先行きが透明だった時代なんて,あったためしはない
 「念」は今の心
 人の運は現在をもって測れない

2020.12.19
<癒し> あなたは、まじめすぎた

 あなたは、まじめすぎた。
 あなたに向かって投げられるボールすべてをキャッチする必要はないのに、それをしようとした。

引用図書;喜多川泰:株式会社タイムカプセル社:ディスカバー,2015.

2020.12.16
<自己啓発> 「よろこび」は「たのしみ」のおすそわけ

 現代は「よろこび指向」より「たのしみ指向」の時代といってよいだろう。たのしみは自分の快楽を中心とするものであるのに対し、よろこびは、他者に何らかの影響を与える性質を持っている。楽しみは金で買えるが、よろこびはそうはいかない。パチンコもディスコも、釣りもゴルフも「たのしみ」の対象である。それが「喜び」となるためには、それらから得られる快感、満足を自分の中にとどめておくだけでなく、輝き出るものとして、他を豊かにする力としなければならない。

引用図書;渡辺和子:信じる「愛」を持っていますか:PHP,1981.

2020.12.14
<名言> 迷惑

 インドでは「お前は人に迷惑かけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」と教える。
 日本では「人に迷惑かけちゃダメですよ」と教えるのに。

引用図書:勇気をくれる 後ろ向き名言:鉄人社,2012.

2020.12.12
<自己啓発>  ”強くなる”と”強いふりをする”

 ”強くなる”と”強いふりをする”とは違う。
 ”強くなる”努力は、いくらやろうが、しんどくても辛くはない。”強くなる”という目標に近づくから。
 一方、”強いふりをする”努力は、やればやるだけ、しんどいだけではなく辛さも加わる。”強くなる”という目標から遠ざかってしまうから。
 ”強くなる”ためには、こだわりを減らすこと。
 ”自分の弱い部分・ダメな部分を人に見られても平気”になること。

2020.12.09
<カウンセリング> 自分で見えてくる人生の「必然」

 単に治すというのではなく、この人はこの病気から、それまでと違う人生をクリエイトしようとしているんだ、私はそれを助けようとしているんだ

 そういった人生における躓きは全部「創造の病」の中に入れていいんじゃないかと思うようになりました。だから、クライエントがものすごく嘆かれるのを「大変だろうな」と思って聴きながら、「そこから何が生まれるのか」ということを私は見ているわけです。

 「残念でしたね」とか「偶然が重なりましたね」とか言っているけど、その人はだんだん自分でそういう必然が見えてくるわけです。

引用図書;河合隼雄:「日本人」という病:潮出版社,1999.

2020.12.07
<哲学> どこへ行っても自分と道連れ

 「なぜいつも遠くへばかりいこうとするのか?
  見よ、よきものは身近にあるのを。
  ただ幸福のつかみ方を学べばよいのだ。
  幸福はいつも目の前にあるのだ」
      ヨハン・ゲーテ(独の作家)

引用図書;こころの疲れに効く名言集:笠倉出版社,2019.

< 前の10件を表示