2018.11.28
<自己啓発> 長嶋のサービス精神

野村克也「空振りした瞬間からむしろスピードを増し大きく振って見せた。頭に会わないヘルメットでなければ、あんなに見事に脱げ落ちたりはしない」

長嶋「ほんとうです。投手というのは、打者に思い切って振られるといやなものらしいんですよ」

 打率をよくするためには、相手のピッチャーの最高の球威の球、決め球を避けるのが常識である。だが長嶋は、その決め球めがけ砕きにかかった。

引用図書;城山三郎:屈託なく生きる:講談社,1988.

一覧へ >