2019.01.26
<心理学> 自立と孤立

 自立というのは、適当にひっついたものが自立するのであって、はじめから離した人は、自立なんてできない。そういうのは孤立するわけです。自立というのが非常にむずかしいのは、ひっついていきながら離れていくということ。
 むちゃくちゃ離すばかりが能じゃない。どこまでひっついていきながら、どこで離すのかということですねえ。
 小学校3,4年のあたりで人間が少し変わるように思います。人間というのは不思議でして、前よりも自立的になるといいますか、グッと変わるところというのは、不安が高まるようです。

引用図書;河合隼雄:カウンセリングを考える 上:創元社,1995.

一覧へ >