2019.03.02
<心理学> 人々の絆

 その昔、日本の家族といえば、ほとんどが大家族でした。兄弟姉妹が多くいましたし、おじいちゃん、おばあちゃんが孫世代と同居するということが当たり前。また「向こう三軒両隣」という言葉に象徴されるような、地域社会の結びつきもありました。こういう時代に悲嘆は、人々の絆のなかで受けとめられることが可能だったのです。
 心療内科医が増えている理由は、人々の絆が希薄になり続けているからでしょうか。

参考図書;高木慶子:哀しみの乗り越え方:角川書店,2011.

一覧へ >