2019.03.04
<心理学> マイナスの投影

 一般的に、ケチな人は他人のケチをすごく嫌うものです。これをマイナスの投影と言います。
 苦手と感じる人はたいてい、自分のイヤなところが似ていたり、過去の自分のイヤなところをすごく持っていたりするものです。
 苦手な人というのは、自分が嫌って直そうとしている部分を思い出させてくれる反面教師のようなものと言えます。

引用図書;衛藤信之:こころのエステ:ゴマブックス,2003.

一覧へ >