2019.04.15
<癒し> 時には攪拌

 川の水には表流水と底滞水があり、表流水が速くて元気がいいほど、底滞水は停滞し、微生物が湧いて底質が悪くなりやすい。一方、自ら攪拌する川というものもあって、それは底質が劣化することはないという。
 人間も表流水ばかりに気をとられないで、時には川底をひっくり返して攪拌しなければいけないのかもしれない。

引用図書;夏樹静子:椅子がこわい:文藝春秋,1997.

一覧へ >