2019.05.06
<心理学> 失敗回避要求・成功達成要求 (J.W.アトキンソン)

 人間には失敗回避要求と成功達成要求があり、両者の強弱によって行動に変化がある。
 失敗回避要求;失敗したくないという気持ちで、失敗した際の残念な感情などを思い浮かべて、適切な目標を避ける傾向にある。
 成功達成要求;成功したいという気持ちで、適切な目標を選ぶ。

 人生は運動会の障害物競走に例えられる。
 成功達成要求が優位な人は、コースの途中にどんな障害物があっても、そんなものは目に入らない。ただひたすらゴールを目指して突き進む。
 一方、失敗回避要求が強い人は、ゴールがかすんで見えて、障害物しか見えなくなっている。

*J.W.アトキンソン;米の心理学者

参考図書;渋谷昌三:面白いほどよくわかる!心理学の本:西東社,2010.

一覧へ >