2020.01.25
<癒し> 春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり

「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり」
      道元『傘松道詠(さんしょうどうえい)』

 あなたは誰?何がしたい人?
 美しい自然の光景を歌いながら、物事の本来の姿というものを思い起こさせる道元禅師の言葉です。
 この句を借りて、本当のあなたを引き出してみましょう。
 春は花で夏がほととぎすなら、あなたは何?あなたは何をしたい人?あなたはどんなことが好きな人?あなたはどんなことに感動する人?あなたは何が嫌いな人?
 答えられますか?答えられた人は本来の自分の姿を知っている人。答えられない人は、自分の本当の姿をもう一度よく観察したほうがいいですね。自分というものを見失って誤魔化しながら過ごしていると、好きなものにも出会うチャンスを失います。
 春は花であるように、夏はほととぎすであるように、自分のことに関して自然な本来の姿というものを知っていてこそ、人生の次のステップに進むことができます。

引用図書;境野勝悟:道元「禅」の言葉:三笠書房知的生きかた文庫.

一覧へ >