2020.03.07
<心理学> 大人は子供に悲しみや苦しみを体験させないように努力しすぎ

 科学の発達によって、われわれが多くの苦痛を和らげたり、減少させたりできるにしろ、人間存在に固有の悲しみは無くならないのである。そして、実のところ、そのような感情こそ、人間の個性を作り出してゆくために必要なことなのである。

 ところで、大人たちは子供に悲しみや苦しみを体験させないように努力しすぎてはいないだろうか。

引用図書;河合隼雄:働きざかりの心理学:新潮文庫.

一覧へ >