2020.03.09
<自己啓発> 人に任せる

 負けず嫌いで、同僚に負けたくないと仕事を頑張り、進んでサービス残業もした。しかし、役職でいえば、係長クラスに甘んじ、伸び悩んだ。部下を育て、マネジメントする力量がなかったからだ。
 そんな彼が交通事故に遭い、骨折で入院したのは35歳のときだった。会社の部下が見舞いに来た。
 「ぼくがいないと、仕事が大変だろうけど、頼むよ」
 「任せてください。わからないところがあったら、メールしますから」
 「ありがとう。3週間だけ、頼むよ」
 仕事のことが気になり、早めの復帰を望んだが、リハビリも含めて、結局、復帰には3カ月かかってしまった。
 その間、彼がいなくても仕事は正常に回っていた。彼の意識は180度変わった。
 部下や同僚に、仕事を任せることを知ったのである。さらに、病床でコーチングや組織論の本を読みふけったおかげで、職場に復帰するころには、部下にうまく権限を委譲する技術を身につけていたのである。
 出世の扉が開いたのは、そこからのことであった。
引用図書;廣川州伸:大人のための「寓話」50選:辰巳出版,2020.

一覧へ >