2021.01.06
<癒し> 悩みって?

私が「悩む」というのは、どういう状態だろう?
 こころがモヤモヤして、わけがわからなくなること。
 どちらを選んだらいいかわからなくなること。
 こころの奥の苦しさを、だれにも話せなくなること。
 こころの中に、いろんな気持ちがぶつかりあうこと。
だれのものでもない一度だけの私だけの人生だから、私は私と仲良く生きていきたい。
けれど、仲良くなれない自分をかかえるときに、私は途方にくれてしまう。
私の中の私が、「もっと、私を生かしてくれ」と主張する。
私が生きようとすればするほど、私はさまざまな悩みを持つ。
だから、悩むというのは、「生きること」なのかもしれない。
悩みを解く鍵は、どこにあるのだろう?
答えはどこにあるのだろう?
悩み苦しむとき、まようとき、こころがゆれるとき、早く答えが欲しくなる。
早くラクになりたいと思う。
だれかが正解を持っているのではないか。
パッと解決してくれる魔法のようなものが、どこかにあるのではないか。
スーパーマンみたいなだれかが空から飛んできて私を救ってくれるのではないか。
そういうときに、私は、天国みたいな世界にあこがれて、「今は地獄だ」と苦しんでいる。

引用図書;八巻香織:ひとりでできるこころの手あて:太郎次郎社エディタス,2020.

一覧へ >