2018.10.31
<カウンセリング> カウンセリングは「個人を大切にする」

 カウンセリングというのは、「個人を大切にする」ということが中心にある。ところが、日本の教育では「どうすれば、どれだけたくさんの人が、どれだけ短期間に、どういうことが勉強できるか」と、そういうふうに考えます。だから、どうしても常に全体のことを考えるという発想が普通です。そういうふうに考えるから、小学校はこのくらいにしておきましょうとか、このへんで中学校に入れましょうとかいうことになって、いろんな制度ができていくわけです。

引用図書;河合隼雄:河合隼雄のカウンセリング講座:創元社,2000.

一覧へ >